FX口座開設

XMの広いスプレッドが負けの原因?【トレード方法改善で変わった事実】

あんぱん
あんぱん
最近負けトレードが多くて何やっても勝てない…
ポジションは持った瞬間に逆行する。
買っても少ないpipsで負けトレードは損失でかい
もしかしたらXMの広いスプレッドが原因なのでは?

 

今回はこんな読者の悩みについて書いていきます。

結論から説明すると

厳しい事を言いますが、スプレッドが広いは負けの原因になりません。

この条件で勝っているトレーダーは沢山います。では何が原因なのか記事内で深堀りしていきますね。

<記事の内容>

・ポジションを持った瞬間利食いとロスカットを入れると不利な事実、メンタルがきついならこれを使えばいい
・負けトレード(ロスカット)以上に勝ちトレード(利食い)を伸ばせ
・勝っているトレーダーの多くは含み益を持ち続けている

ポジションを持ったに瞬間利食いと損切り注文を入れると不利な事実

実はポジションを持った瞬間に利食いと損切りの注文を一緒に出すと不利な事実があります。えっなぜ?と思う方の為に少し詳しく説明すると、FX自体は単純に言うと、上か下かを当てるんですよね?「これから上に行くのでは?」「下落するだろう」なんてことを考えてポジションを持つはずです。これにゴール(利食いと損切りライン)を決めてしまうとただの確立ゲームになってしまいます。大数の法則でもある通りこれをずっと同じ条件で繰り返していくと結局は利益と損失の差は変わらずスプレッド分損していく事となるはずです。理論的にはですが….

では結局勝てないのではないか?と思われがちですが実はそうではありません。そもそも利食いとロスカットラインを決めてしまうからだダメなのです。この場合、片方だけにしてみてはどうでしょう?そうなると利食いライン、損切りラインどちらを優先するかですがこれは間違いなく損切りラインです。資金は無限ではないですし、チャートをずっと見続けて裁量で損切り出来たらいいですが、実際そうではないですよね?トレンドが発生した際相場がどこまで突き進むかも誰にも分からないので、負けは素直に認められるように損切りラインは絶対です。

更に利食いですが、トレード方法によってもちろん変わってくるのでこれが一番だろうなんてことは言えませんが、一つだけ絶対に勝てて、尚且つ利益もメンタルに負けず伸ばせる方法があります。それは「トレーリングストップです」。トレーリングストップを簡単に説明すると自分が決めたある一定の利食いラインを保ちつつ相場を追い続けてくれる。しかもシステムが自動でやってくれて、ロスカットラインも利食いラインなんです。それって最高じゃないですか?負けても勝ちですからね。これを上手く使えてこそだと思います。トレードで大変なのはメンタルコントロールで損切りは早い方がいいですし、利益は伸ばさなければ損小利大にはなりません。ですが人間は無意識に逆の行動をとってしまい「損は認めたくない」「待ってたらいつか戻ってくるだろう」と放置する、しかし利益が出ると「マイナスに変わるんじゃないか」「今すぐ早く利食いたい」と利益を十分に伸ばせず利食ってしまう。これを逆にしてくれるのがトレーリングストップです人間の心理に関係なくシステムがトレードしてくれる。ある程度利益が出て利食いたいと思ったもう一押しの際に使ってみてください。ちなみにトレーリングストップは海外FX会社じゃないと使えない所が多いです。おすすめはXMTradingです。>>詳細はこちら

負けトレード(ロスカット)以上に勝ちトレード(利食い)を伸ばせない

前にも少し書きましたが、トレードでは損小利大これができなければトータルとして勝つことができないです。ですが本当に難しいんですよね。分かっているのですが損切りができなくて大損してしまう。それを何回も繰り返していくうちに早めの損切りで利益を伸ばすという考えになり損切りだらけ…..結局どうすればいいのか分からないこんな状況になります。そこで少し僕の考えを言っておくと、損切りは大きくできれば自分がトレードしている時間足の狙うトレンドの転換点からで、トレンドは上がったり下がったりしながらできていくのである程度マイナスにもできるように後はトレンドに乗って順張りで利益を伸ばす。大事だなと感じますしトレードには重要です。

勝っているトレーダーの多くは含み益を持ち続けている

これはOANDA JAPANというFX会社が自社のトレーダーを最小に分析したグラフです。

OANDA JAPAN HPより画像引用

勝っているトレーダーはリスクリワードが大きいトレードでの勝率が高いですね。

そして一番重要なのはこれですね。

また、6カ月連続プラスの口座の分布を見ると、下位の口座の分布と重なるものが複数あるのに疑問を感じた方もいると思います。
これは、これらの口座の多くが含み益を抱えているためです。
このグラフの作成に用いられた勝率やリスクリワード比率を計算する際には、決済が完了した確定損益を元に算出しています。
このため、未実現の損益は加味していません。6カ月連続でプラスの方の中には、損切りは早々に行い、利益をしっかりと追うというトレードを行っている方が複数いたため、下位のトレードと重なる位置に表示されています。    OANDA JAPAN HPより

勝っている人って長く利益を持っているんで、結局はリスクリワードの高いトレードを成功している。この分析結果はかなり奥が深くて中々マネできないですが、結果これが一番重要なのかもしれないです。含み益が伸びるのをじっと待つ。無駄なことはしないで切っていく大切ですね。

※そしてこんなデーダを公表してくれるFX会社は中々ないので、OANDA JAPANは貴重です。ちなみにOANDAで取り引きするとチャートにトレーダーのポジションが多い所を表示できたりします。リアルFXトレードの貴重な材料になりますね。>>詳細はこちら

まとめ

トレードは奥が深いです。損切り一つとってみてもそうですが、トレードを続けつつ本質に近づいていき本来はある程度距離を置かなければならない事実にたどり着くんです。

負けの理由をスプレッドのせいにしたい気持ちは分かりますが、その環境で勝っているトレーダーがいる以上それは言い訳でしかありません。

検証や実践はもちろん大変ですが長くトレードを続けながら自分なりの答えを出していきましょう。

sponsored

ABOUT ME
あんぱんブログ
サラリーマンしながら稼ぎたい と思いFXを始めて7年。 FXの難しさ、楽しさを発信していきます。